猫DIARY

子猫の白茶トラさんとの出会い①

こんにちは。かのです

この写真は初めて茶白トラ猫の「白茶トラさん(後のえるくん)」と出会ったときの写真です。

こうくんとの2ショット!

まだまだ小さくて細っこいですね。1歳くらいでしょうか。かわいいな~。

 

正確に言うと初対面ではないのですが‥、「顔見知りにゃんこ」になったくらいかな?

写真をよ~く見ていただくと分かると思うのですが(つい、かわいいえるくんに目が行きがちですが‥)縄跳びを手に持っていますね。笑

 

少し運動しようと、当時のマンションの前で縄跳びをしていました。

猫がいっぱいいるマンションでした

当時のマンションの周りは、人通りは多いけれど車通りは少なかったからか、野良猫ちゃんがとっても多い場所でした。

縄跳びを跳んでいると草むらの影から、興味津々の顔でこっちを見ていたのがえるくんでした。

 

次の日も、またその次の日も‥縄跳びをしていると、その音を聞いて??どこからともなくやってくるのです。毎日。絶対に来てくれる。

そして近くで縄跳びをしているのを見ているんです。

ある日 猫からプレゼントをもらった

多くの方に可愛がられているのは知っていました。

ご近所から猫好きの方々が、猫じゃらしやおもちゃ、ご飯を持ってマンションの周りの猫ちゃん達に上げに来ていました。

白茶トラさんは、特に人懐っこ猫ちゃんだったので、猫じゃらしを持って会いに来てくれる猫好きさんを見たこともありましたよ。

 

そんなある日。いつものように縄跳びをしていると、白茶トラさんが目の前にぽとりと何かを口から落としておきました。

 

なんと、ピンクの猫じゃらし!!!

 

宝物を持ってきてくれたのでした。本当に猫ってたからものプレゼントくれるんですね

嬉しかったな~。

私達にとって特別な猫ちゃんでした

 

縄跳びをしていると、絶対にとことこと姿を見せに来る、皆勤賞の白茶トラさん。毎日毎日会いに来てくれる。

いつの間にかわたし達も、縄跳びよりも猫ちゃんをナデナデするのがメインに。笑

 

雨の強く降った日に、マンションの廊下で一緒に雨宿りをしたことがあります。

 

ベランダで、膝の上に乗って一緒に夕涼みをしたこともあります。

 

夜中マンションの前の駐車場にいるのを部屋からストーカーしていたことも。笑

 

そんなある日。2017年夏。

とても暑い日だったと記憶しています。白茶トラさんは突然姿を見せなくなったのでした・・。

再会。猫の黄疸と骨折、目も見えない状態に‥②こんにちは。かのです ある日、毎日会いに来てくれていた白茶トラ猫さんが、忽然と姿を消しました‥。 https://eru-k...